GoBlo(ゴーブロ)

株式会社ZIZIの公式ブログ

民泊規制、文京区も

f:id:zizism:20171205102419j:image

 

ちょっと民泊ピジネスに興味のない人には細かすぎる話だけどインバウンド、民泊はトレンドでもあるので取り上げます。

 

来年の6月に新たに民泊法が施行されます。
簡単に言えばお金を貰って人を泊めると旅館業にあたり、旅館業法に定められた施設じゃないとダメ!というのが根本にあって、なので、自分家が空いてるからって民泊で泊めちゃうとアウト〜!になります。本来わ。。

 

旅館業法って非常口の設置義務とかフロントを置かなきゃいけないとか、宿泊名簿を備えなきゃダメとか色々あるんですよね。

 

でもそんなの無視して民泊しちゃってるのでグレーな商売なんて言われてるんです。

 

そうそう、で、6月施行の民泊法はその辺の要件を緩和して、大体の人が民泊に参加できる法令なんですよ。でも年間180日限定で。
ようは、月の半分しか貸せないんですね。

 

ビジネス的にはしんどくなる事が予想されてます。しかも、この記事のようにいくら国が施行したとしても市区町村の条例で規制かける事も出来るって話です。

 

既に台東区とか中野区なんかは条例で規制してますし、文京区も続いて週末しかダメ!にしたんですね。


文京区で民泊ビジネスしていたオーナーさんは事業存続厳しいでしょうね。。

結局、旅館やホテルの力が強い地域は民泊流行ったら死活問題なので必死に条例で止めようとしてるんですかね、、

 

でも、世田谷区のような空き家が増えちゃってる住宅地メインの地域はむしろ歓迎する声もあるんだと思います。

売りたくないけど有効活用出来てない家を持ってるオーナーは少なくないですからね。

 

国や行政の考え、戦略と旅館業界、住民との関係性で出来る地域とダメな地域が決まるんですね。これから6月の施行に向けてもっと出来る出来ないはっきり分かれてくると思います。

 

今、民泊ビジネスしてるオーナーさんは、頼むっ!うちの区だけは条例出さないででくれぇ〜!って懇願してると思いますよ、ほんと。。